快適に、オシャレに!20代男性社会人向け1K ご予算15,000円「毎日を、心地よく」

更新日:2021年11月8日


皆様、こんにちは。

今回は、お部屋に小物を置くことで、印象を変える「デコ」プランのご紹介です。


【目次】

  

   ・社会人男性×1K×ご予算15,000円

   ・「毎日を、心地よく」

   ・「デコ」とは・・・?




社会人男性×1K×ご予算15,000円


1Kのこちらのお部屋は、社会人の男性がご内覧されることが多いそうです。

一人暮らしには充分なクローゼットがあります。

在宅時間が増えたので、整理しやすいお部屋になるよう、

ご予算15,000円でのご提案です。


ちなみに「デコ」とは「デコレーション」から取った言葉で、「装飾。飾り。」という意味です。

その意味の通り、お部屋にちょっとしたワンポイントアクセサリーを飾ることで

内覧の印象を変える手法です。




「毎日を、心地よく」


今回は、賃貸のお部屋でも使える、突っ張り式の棚を設置してみました。

帰宅後にかばんや帽子をさっと掛けておけるだけでなく、お好みの雑貨やアートの飾り棚としても使えます。自分らしさを表現できる、お気に入りの空間にしていただければと思い、こちらの棚を選びました。

棚を飾るワンポイントアクセサリーは黒を使って、ナチュラルな中にも空間が引き締まるようなコーディネートを意識しています。グリーンも飾ることで、生き生きとした印象に仕上がりました。スマホ等よく使うものもさっと棚に置けますので、「○○がない!」と探す時間も減らせるのでは?


既存のストライプのクロスは、女性向けのお部屋に用いられがちです。このように壁ぎわに突っ張り棚を設置すると棚に視線が向きストライプの印象がやわらぎます。男性にも受け入れられやすいお部屋になったのではと思います。


「省スペースですので、お部屋を広く使えます。」



今回は棚を壁ぎわに設置しましたが、例えばお部屋の中央に設置するとパーティションのように使えるので、生活スタイルに合わせて自由自在に空間を作ることができます。


 玄関も、室内と同じく黒でコーディネート。シンプルながらもインパクトのあるアートを選んでみました。こちらにも、ガラスに入ったグリーンをおいて、さわやかに。

「室内と同じく黒いアクセサリーで、コーディネートの統一感を」






「デコ」とは・・・?




デコどなたでも試していただける基本の手法です。

既存のお部屋の状態が悪くないのに、なかなか入居につながらない・・・

そのような時は、是非、お試しください。


プチ・リモデリング プロジェクト とは?】

こちらは埼玉エイブルにあるデザイナーズチームが行うサービスです。

メンバーには建築士、インテリアコーディネーター、他、経験者が在籍しております。

ご相談いただきました管理空室を一部屋ずつ拝見し、オーダーメイドのプランをご提案。

高いお金をかけずにデザインとアイデアで、オーナー様と入居者様を結ぶお手伝いをいたします♪

★施工には一定のご条件がございます。詳細はお問い合わせくださいませ。